資産となる物件

変更を自由に行なうことができる

分譲マンションや一戸建てのような分譲住宅は、自分の資産になります。そのため、長年同じところに住むという方などは、賃貸ではなく自分の資産になっていく分譲マンションや一戸建ての購入がいいでしょう。リフォームをすることなどや、室内の間取りの変更など自分のものになるので自由に変更をすることができます。分譲マンションにはリフォームできない部分もあったりしますが、一戸建てのほうなどは自由に変えることが可能ですし、建て替えなども将来的に考えることなどができます。そして分譲住宅の場合は、購入するときに住宅ローンなどを組んで購入したりしています。この住宅ローンを、家賃のように毎月返していく形になっています。土地も自分のものになると考えて、購入が必要です。

貯蓄として貯めていくことができる

住宅ローンの返済のほかに、分譲マンションには修繕積立金や共益費などが必要になってきます。将来マンションが古くなってきて、リフォームなどをしないといけないときに使うための修繕積立金を早い段階から貯めていきます。しかし毎月住宅ローン以外にも払うことになるので、高額になってしまう場合もあります。しかし一戸建ての場合になると、修繕積立金などや共益費を払うことなく、自分のペースで貯蓄として貯めていくことができます。自分で貯めないといけないので、なかなか貯まらないという形になってしまうこともありますが、自分のペースで貯蓄として貯めていくことができる点は魅力です。万が一に備えて、一戸建ての人はしっかりと貯蓄をすることが求められます。