費用を把握する

住宅建築をお得に進めるには

注文住宅を建築する際には似たような住宅を建築するにしてもある程度勉強をし知識を持っている人とそうでない人では数百万円も建築費用が変わってくることもあるのです。 まず費用が大きく異なるのは建築会社選びです。同じような住宅を建築する際でも建築会社によっては価格が大きく異なるのです。もちろん安ければよいというわけではありません。なぜ安い価格で提供できるのか、あるいはなぜその金額になるのかをしっかり担当者に説明を求めることが重要です。ハウスメーカーや工務店の場合は複数の会社で同時に商談を行うことで建築会社同士で競争意識が働き値引きやサービス品の増設などを提案してもらえることもあるのです。 注文住宅を建築する際には決して建築会社の言いなりになってはいけません。しっかりと説明を求めたり場合によっては悩むふりをして返事まで少し時間をかけるなどの工夫をすることで値引き交渉などをしやすくできます。

値引き交渉には知識が必要

注文住宅は一般的に分譲住宅よりも高額な費用が掛かります。そうなると多くの人は少しでも安く抑えたいと考えます。ですから注文住宅を契約する際にはよく値引き交渉が行われます。もちろん何も言わないよりは一度値引きしてもらえませんかと言ってみるのも大切です。建築会社によっては値引きすることを前提に価格を少し高めに設定している建築会社もあります。 とはいえ過度な値引きの要求は住宅の品質を下げかねないのです。使用する材料や設備のグレードを下げるなど目に見えないところで利益を確保しているケースがほとんどです。ですから限界を見抜き品質を低下させないところで値引き交渉をストップすることが大切です。他の人よりも値引いてもらえたと喜んでいたら知らない間に建物のグレードが落ちていたということにならないためにもなぜ値引きが可能なのかを尋ねてグレードを落とさず交渉することが重要です。