Real estate

新築か中古か

一戸建て住宅の種類とは

一戸建て住宅には大きく分けて2種類あります。一つが新築住宅です。日本では新築住宅は昔から人気があり、住宅を購入する8割の人は新築住宅を選ぶといわれています。新築住宅が選ばれる理由は、その建物に住むのは自分たちが初めてでありという気持ちがあることや、設備が新しいということです。中古住宅に比べると高くなりがちですが、新築一戸建ての任期は衰えるところを知りません。 これに対して、最近は中古住宅も人気を集めています。中古住宅が人気の理由はその価格です。新築住宅に比べると(築年数にもよりますが)500万円から1000万円ぐらいは安く買えることがその特徴です。どちらもそれぞれメリットや問題点がありますが、その人のスタイルに合った一戸建て住宅であることが必要です。

建築条件付き土地とは何か

一戸建てを購入する場合、その土地には普通なんら制限がつけられていません。しかし、中には建築条件付き土地という土地があります。その名の通り、土地に建築するときの条件が付いているわけですが、その条件とは、主に2つあります。一つが特定の建設会社と契約をして建物を建てるというものです。もう一つが、一戸建て住宅を建築するときにその期間制限が設けられていることです。 それぞれの条件は決して達成は難しくはありませんし、期間内であればどのような住宅を建てても自由のですので、建築期間と契約する会社を守れば後は自由であることが多いのです。 それ以外にも一戸建てには、工法の違いがあります。一つが従来工法と呼ばれるもので、もう一つが2×4工法と呼ばれるものです。

資産となる物件

住宅は人間にとってはとても大事な身を守るための手段となりますが、その他にも資産としての価値を持っているという特性も持っています。高額な値段が一戸建て建設にはかかりますが、それだけの価値があるのです。

Read More

記事一覧

費用を把握する

注文住宅を建設するにあたって、費用とデザインは密接な関係にあります。お洒落な建設にしたいと思えばその分設計料がかかってきます。安い値段でもシンプルな作りであればお金はあまり掛からない傾向にあります。

Read More

記事一覧

良い家の条件

何年も同じ場所で暮らしていくにはその分住宅が耐久性を持っていなければなりません。分譲住宅などもありますが、建設をしていく上では自分から積極的に設計に関わることもできます。

Read More

記事一覧

建設業者選び

理想の住宅を建設するには、いろんな住まいを建設している業者を調べてみる必要があります。国分建設では依頼者の意図を組み、建設の際には心強い味方になってくれるので安心して任せられます。

Read More

記事一覧

自由に建設する

注文住宅であれば設計料もかかってきますので、分譲建売住宅よりは価格が上昇する傾向にあります。人件費なども関わるので、人件費をできるだけかけないような設計にする必要があります。

Read More